インプラント

IMPLANT

AKデンタルグループでは「総合歯科医院」のメリットを生かしインプラント治療が患者さまにとって最も良い選択なのか一緒に考えることからはじめます。
状態によっては入れ歯やその他の方法で治療することが良い場合もあるからです。
インプラント治療を選択した場合は多くの経験と最新の設備を治療に生かします。5年後、10年後も患者さまが健康な暮らしができる治療を心がけています。

AKデンタルグループのインプラント

軟らかい骨質、抜歯窩、または審美性が求められる領域を治療する場合でも、良好な初期固定を実現します。 抜歯即時埋入や即時負荷などの困難な症例やプロトコルにも適しています。 ノーベルバイオケア独自の、スパーク陽極酸化処理された酸化チタンのタイユナイト表面性状を特徴としています。これにより、速やかな骨形成を促し、治癒期間中の安定性が高まり、治療を長期的な成功へと導くことができます。
また、インプラント治療以外に、矯正治療、保険治療など、他の治療が必要な場合も、他の歯科医院に通う事なく、ワンストップで治療することが出来ます。
さらに、歯科用CT、口腔内スキャナーなど、充実した設備を完備し、訓練を重ねた歯科医師により、最先端治療をご提供致します。
  • Open or Close
    インプラント治療とは

    虫歯や事故など様々な要因により人は歯を失います。1本だけ失う場合や、並んだ何本かを失う場合もあります。また、上顎や下顎の全部の歯がなくなってしまうこともあります。

    失った歯が1~2本の場合、隣り合った健康な歯を支えとする「ブリッジ」や「差し歯」などの義歯が適用されることが多く、全部の歯がなくなった場合には、総入歯を作るのが一般的な解決法として普及しています。しかしブリッジや差し歯の場合、多くの不自由や問題があります。このような問題を抱える患者様のために、研究、開発されたのがインプラント(人工歯根)による治療です。歯は目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工歯根)療法です。この治療方法では、残っている健康な歯への影響がなくなります。顎の骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。インプラント治療は、歯を失ってお悩みの患者様から、悩みを解消する有効な方法です。

    治療方法の比較
      インプラント(人工歯根)
    メリット
    自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良くわかります。
    周りの歯を傷つけません。
    見た目には自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上がります。
    インプラントがあごの骨に力を加えますから、あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています。
     
    デメリット
    歯をぬくのと同じ程度の手術が必要です。
    強度の糖尿病などの疾患の場合インプラントが出来ないことがあります。
    歯触りがにぶいです。
     
    費用 現在、保険制度はありません。費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同じ程度です。治療本数、部位などによって費用は多少異なります。先生と御相談ください。
      入れ歯(義歯)
    メリット
    一般的な治療ですから、比較的簡単に治療が受けられます。
     
    デメリット
    かみ心地が悪い場合もあり、固い食べ物では咀嚼に苦労する場合もあります。
    入れ歯に違和感を感じることがある方がいます。
    発音がうまく出来ない場合や、見た目も良くない場合がある。
     
    費用 保険の適用されるものもあります。見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります。
      ブリッジ
    メリット
    費用をかければ、見た目の仕上がりもよくなります。
     
    デメリット
    ブリッジを固定するために、歯の抜けた周囲の健康な歯を削る必要があります。
    歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく場合があります。
    発音に問題のある場合があります。
     
    費用 保険の適用されるものもあります。見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります。
  • Open or Close
    インプラントの役割

    歯が無くなった部分に埋め込まれ、人工歯を保持いたします。 噛む機能を向上させ、天然歯の感覚を取り戻すことができます。 かみ合わせによる適度な刺激を与え、代謝を促して、骨の吸収等を防ぎます。 取り外し可能な入れ歯より、インプラントは精神的なストレスは少なくなります。 他の健康な歯を維持することができます。

    インプラントに適した症状
      治療部位について

    インプラントは、前歯でも奥歯でも治療可能です。
    人工の歯根部分となるフィクスチャーは、顎の骨の幅や深さに合わせていくつも用意されています。また、歯を失ってから時間がたつと歯肉(顎の骨)が痩せてしまい、インプラントを入れるスペースがないことがありますが、骨の再生治療を行えば、インプラントを入れることが出来ます。

      治療本数について

    従来の治療方法では、1本失った場合はブリッジか部分入れ歯、3本以上失った場合は入れ歯と、失った歯の本数によって治療の選択肢が異なりましたが、インプラントは、1本から全歯欠損まで治療可能です。
    また、すでにインプラントをした歯の周囲の歯が将来抜けてしまっても、以前インプラントした部分には影響がありません。もし次に抜けてしまった歯もインプラントしたい場合には、その部分のインプラント治療を行うだけで、以前のインプラントの作り直し等は必要ありません。

      年齢について

    ●上限
    インプラントは年齢の上限は特にありません。簡単な手術を受けられる体力と、インプラントが埋入できる骨のスペースがあれば80代でも治療が可能です。骨が薄い場合は骨造成を行えばインプラント治療が可能です。
    ●下限
    未成年の方はインプラント治療ができません。10代は骨の成長が盛んな時期なので、顎の骨の成長が止まってからインプラント治療を開始します。 骨の成長は人によって異なりますが、一般的に男子は22歳、女子は20歳くらいで成長が止まります。年齢の上限は特にありません。未成年で歯を失ったケースでは、しばらく入れ歯などを使用し骨の成長経過を見ながらインプラント治療の計画を立てます。欠損を補う方法としてブリッジがあ りますが、成人後にインプラントを考えている場合は、隣の歯を削るブリッジよりも入れ歯の方が良いケースもあります。

      全身疾患について

    基本的には、簡単な外科的治療を受けられる方や麻酔を使える方であればどなたでもインプラント治療が可能です。心疾患や免疫疾患などの持病のある方は、外 科的治療や麻酔を制限されている場合がありますので、かかりつけの先生にインプラント手術を受けられるかご相談して下さい。
    糖尿病の方も外科的な治療が難しいと言われていますが、血糖値の安定している方は治療が可能です。また、妊娠中の方はレントゲンやCTを撮ることができないので、ご出産後に治療を開始します。

  • Open or Close
    1. 診査、診断、精密検査

    診察、レントゲン撮影、全身の既往歴、骨の量などのチェックを行い、治療計画を立てます。必要であれば、お口の衛生状態を整えるために全般的な歯科治療を行います。

    2. カウンセリング

    治療内容や期間・治療中の注意点から治療後のケアにいたるまで詳しく説明したします。

    3. 初期治療

    お口の中の環境を整えるため歯石除去(スケーリング)、歯周細菌を抑えるためクロルヘキシジン(プラークアウト・コンクール)などの薬剤を使用します。

    4. インプラント治療準備

    完全に無菌化された器具と二台のユニット(術前用、OPE用)を使用してインプラトだけの治療になります。

    5. インプラント埋入

    インプラント埋入時間は、
    1-2本は15分
    2-3本は30分
    程度で終わり麻酔も通常の抜歯の時とかわりません。 術中にほとんど痛みはありません。

    6. 含浄剤・抗生物質・痛み止め

    翌日からは含浄剤(コンクール)・抗生物質・痛み止めを使用していただきます。

    7. 抜糸

    1週間後に抜糸し、傷口の確認とお手入れの方法についてお話します。

    8. 術後経過

    インプラント埋入後2-3ヶ月は骨と固定される時間をまちます。(骨増多術GBR、骨の柔らかい人などは4-6ヶ月かかる場合もあります。個人によって異なりますので治療計画のときに詳しくお話します。)

    9. チェック

    固定された後に歯型をとり、冠の装着とかみ合わせのチェックをします。

  • Open or Close

    Q. インプラント治療に年齢制限はありますか?

    A. 最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。年齢の上限はありません。

     

    Q. 糖尿病でも、インプラント治療は大丈夫ですか?

    A. 医師の指導のもとに十分コントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。詳しい病状を先生に伝えて下さい。

     

    Q. 槽膿漏でも、インプラント治療大丈夫ですか?

    A. 歯槽膿漏にかかっている方はお口の中の衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。治療と正しいはみがきを身につけることで歯槽膿漏を直し、それからインプラントを入れます。

     

    Q. インプラントは何本入れればいいのですか?多い方がいいのですか?

    A. 抜けた歯一本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。顎の骨の状態によっては入れることができない場合もあります。また、インプラントで維持させる床のついた義歯を入れる場合は少ない数のインプラントで大丈夫です。

     

    Q. インプラント治療期間はどのくらいかかるのですか?

    A. 一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人にもよりますが6週間~24週間かかります。その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。 ITIインプラントの場合はインプラント手術の後、数週間で上の歯まで入れることができます(※骨の状態など、様々な条件が良好な場合に限ります。先生にご相談下さい)。

     

    Q. インプラント治療の間、歯がないところはどうしますか?

    A. 仮歯や仮の入れ歯を入れておきます。見た目にも食事をするにも問題はありません。

     

    Q. 全身麻酔でもインプラント治療できますか?

    A. どうしても手術に不安な人や広い範囲に数多くのインプラントを入れる場合、極度の難症例や特殊な手術の場合に全身麻酔下で行うこともあります。全身麻酔の場合は、提携する大学病院や総合病院の手術室でインプラント手術を行います。 インプラント手術の際には入院が必要ですか? ごく限られた特別な場合以外は入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも手術後2~3日は安静にして下さい。

     

    Q. インプラント手術の際には入院が必要ですか?

    A. ごく限られた特別な場合以外は入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも手術後2~3日は安静にして下さい。

     

    Q. インプラント治療費はどのくらいかかりますか?

    A. インプラント治療は自由(自費)診療ですので診察を含め、保険はききません。使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。事前に先生とよく相談して下さい。

     

    Q. インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?

    A. 口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。処置時間はだいたい30~120分位です。ただし、麻酔がきれてからは傷口の痛みがまったくないわけではありません。手術後1~2日痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐに治まります。

     

    Q. インプラント手術後の注意は?

    A. 1~2日の腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスに優れたベビーフードなどを摂って下さい。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが強くうがいはしないで下さい。また、大きく口をあけたり、笑ったりするのも避けて下さい。薬は指示通りにきちんと服用して下さい。はみがきはインプラント手術当日はやめ、その後は先生の指示に従って下さい。

     

    Q. インプラント治療の成功率はどのくらいですか?

    A. 成功率を分析するために複数の病院で1003人の患者さんに計2359本のインプラントを入れ、8年間に渡って追跡調査した文献報告では、90%以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。

     

    Q. インプラントを入れて、以前の自分の歯と同じように噛むことはできますか?

    A. インプラントは顎の骨としっかりとくっついて丈夫な土台となり、りんご、たくあん、せんべい、あわびの造り、するめなどほとんどの物はしっかりと噛めます。以前の自分の歯以上かもしれません。

  • Open or Close
    KAKIYAMA HIROFUMI
    1990広島大学歯学部卒業
    1993柿山歯科医院開業
    • 日本歯科大学臨床講師
      臨床研修指導医(厚生労働省認可)
    • 日本顎咬合学会会員
    • アメリカ歯周病学会会員
    • 日本口腔インプラント学会会員
    • 日本歯科審美学会会員
    • インビザラインドクター
    • 日本歯周病学会会員
    • 臨床歯周病学会会員

    • コメント:患者さんに『安心と信頼』を与えられる
      診療に真面目に取り組みます。
      趣 味:映画鑑賞、読書
     
    SASAMOTO TADANO
    2009日本歯科大学 生命歯学部卒業
    日本歯科大学附属病院、柿山歯科医院にて臨床研修医
    2010AKデンタルグループ秋山歯科医院勤務
    2011柿山歯科医院勤務現在に至る
    • 日本歯周病学会会員 認定医
    • 臨床歯周病学会会員
    • 臨床研修医師指導医(厚生省認可)

    • コメント:個々の患者さんに最良のお口の状態を共に作ります。
      趣 味:広く浅くたまに深く情報収集、何かつくること
     
    KONDO ATSUMI
    2010奥羽大学歯学部卒業
    2010柿山歯科医院にて臨床研修医として勤務
    2012~
    2014
    柿山歯科医院勤務
    2017~柿山歯科医院勤務現在に至る
    • 100時間インプラントコース受講
    • 臨床研修医師指導医 (厚生省認可)

    • コメント:患者さんに満足度を与える治療を行います。
      趣 味:子どもとアウトドア
     
    HIGASHIURA HARUKA
    2016国立新潟大学歯学部卒業
    2017日本歯科大学附属病院、柿山歯科医院にて臨床研修医として勤務
    2018~柿山歯科医院勤務
    • コメント:患者さんの気持ちに寄り添い、丁寧な治療を心がけます。
      趣 味:バスケットボール
無料メール相談
診療予約
無料メール相談
診療予約