スタッフブログ

STAFF BLOG

  • 親知らず(柿山歯科)

    2022.09.28

    先日、口腔外科専門医に来てもらい、親知らずの抜歯で約16人を治療させていただきました。

    今回は親知らずを放置することで起こるリスクをお話させていただきます。

    親知らずを放置すると…

    歯並びが悪くなる

    こちらの写真をご覧ください。一番奥の歯が前歯に向かって倒れているのがわかりますか?

    親知らずは一番奥の歯ですので、前の歯を押している状態が写真からもわかるかと思います。

    -なぜ歯が倒れる?

    本来、歯は、歯冠方向に向かって生えようとします。これが親知らずの場合、なんとか自分が生えるスペースを確保しようと、どんどん前の歯を押してきます。

    結果、前の歯は倒れたり、はみ出たりするため、歯並びが悪くなります。

    虫歯や歯周病になる

    親知らずを放置していると、歯ブラシがあてにくく
    お掃除がしにくくなるため、虫歯や歯周病になりやすいです。

    親知らずの抜歯適齢期

    だいたい、9歳くらいに親知らずの卵(胚)が、できます。その頃だと、スプーンで抜歯ができるんです。

    実際には、なかなか、お子さんがじっとしていられないために、だいたい12歳前後で抜歯させてもらうことが多いです。

    ※20歳以下は、保険適用ではないので実費になります。

    術後について

    術後は、腫れますが、大人よりは早く治りますので早い方がよいでしょう。

    まとめ

    当院では、実際、12歳の子供の早期抜歯をおこない、歯並びの予防につながっています。

    歯並びで悩んでいる方は、一度相談してください。

      スタッフブログトップ

    月別アーカイブ

    カテゴリーアーカイブ

    無料メール相談
    診療予約
    無料メール相談
    診療予約