柿山歯科医院 柿山院長ブログ|AKデンタルグループ

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&A
顧問契約・コンサル

2017年5月13日 (土) 08:42

第60回春季日本歯周病学会学術大会
平成29年5月12日(金)、5月13日(土)
福岡国際会議場にて開催されています。
当グループの先生方、歯科衛生士が出席しています。
そのため、今日まで診療は応急処置対応になります。
大変申し訳ありませんが、学会で勉強したことを患者さんたちに還元しますので
ご理解お願いします。
今回のテーマは「歯周病学の挑戦 ~サイエンスとヒューマニティの調和~」です。
以前、ミシガン大学にインプラントの短期留学の時に一緒だった
山道先生が座長をされていた以下の内容には興味をもった。
福岡は山道先生はじめ、全国で活躍されている先生方が多いです。

インプラント治療における『骨質』と『骨微細構造配向性』
~これからのインプラントデザインとは~
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔インプラント学分野 澤瀬 隆 先生が発表されていた。
歯周病をしっかり治療してからのインプラント治療をしないと、インプラントの成功率はかなり低くなります。
当グループでも、歯周病とインプラントは同時に治療する方向でスタッフ全員で取り組んでいきたいと思います。